読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たごもりすメモ

コードとかその他の話とか。

YAPC::Asia Tokyo 2013 にいってきた

今回は自分のトークは無し、LTも応募するつもりなくそのまま参加してきた。いやー自分のトーク無いとあんなに開放感に満ちたイベントだったとは……。


前夜祭

冗談はともかく、前夜祭でたいへん良い気分で酔っぱらってた*1ので、そのままえいやと Norikra の話をしてきた。スライドはMacのバッテリーがなくて作れなかったので kazeburo さんにノート借りてブラウザで適当にやった。
まあ Norikra というと思いっきりJRubyのプロダクトなんですが、普通にみんなPerl以外で書かれたミドルウェアの紹介とかするし、いいよね! ていう……。あといちおう言い訳ができるよう前夜に Norikra::Client を書いてCPANに上げておいたので万全。

と思ったら最終日に基調講演でdisられるという珍事*2がありましたが、いや、違う、自分がPerlを書いただけで拍手をもらったわけじゃなくて「昨夜書いたぜ!(ドヤッ」というほうだったと思ってますよ!

その後HUBに流れて飲んだくれ。海外からの参加者と英語でしゃべったりもしてた。

1日目

死ぬ気で午前中のうちには起きたが、最初の2時間は間に合わなかった。

懇親会後、HUBに流れて飲んだくれ、その後は渋谷で朝4時半まで飲んだ。

2日目

起きたら昼でした。午後だいぶ遅くに日吉に到着。

クロージング後、勝手に後夜祭で飲んだくれ、その後は渋谷で3時頃まで飲んだ。

まとめ

肝臓マジヤバイ

じゃなくてですね、まあ確かに飲んでばっかりでしたが、飲みながら、あるいはBoFスペースなどで、色々な人と話した。
拙作xbuildを使ってるという話を複数の方から聞いたり、知ってるけどこれまでお互い話したことなかったですねという人と思わぬ深さの話になったり、こうやって全国から、あるいは全世界から人が集まってくるのが、本当にYAPC::Asiaというイベントのすごいところだなあ、と思う。

来年以降どうなるんだろうとか色々ありますが、とにかくは無事終わったことを祝いたいものです。運営の方々、ボランティアスタッフの方々、スピーカーの方々、遠方からの参加者の方々、おつかれさまでした。

*1:昼間はしこたま自転車をこいだりクルマを運転してたりして滅茶苦茶うまかった!

*2:まあ確かに最近Hadoop関連とFluentdとNorikraのお仕事ばっかりなので気付いたらRubyばっかり書いてるw ……いやHadoop関連はよく考えたらPerlでジョブ投入とかやってるよ!