読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たごもりすメモ

コードとかその他の話とか。

「ZooKeeperによる分散システム管理」を読もう、という話

Zookeeperは現代の分散システムに不可欠なミドルウェアで、メタデータの管理、更新通知、リーダー選出といった問題を解決する。自分でZookeeper APIを叩く人は少ないかもしれないが、今やHadoop Namenode HA*1もYARN ResourceManager HAもHBaseもZookeeperを要求する。とにかく使う必要がある、という人は今や多いのではないだろうか。

こういったソフトウェアが何故必要なのか、どういった役割を持つのかについて、明快な回答を返せる人はあまり多くないのではないだろうか。Zookeeperは必要性を喧伝され、あちこちで使われ、しかしいまだに、何台で動かす必要があるのか、どのように運用されなければならないのか、ということをまとめて学べる資料などは多くない。

ということで、この本を読もう。

「2.2.1 Zookeeperのクォラム」。個人的には、自分にとってはこの一節のみでもこの本には価値が十分にあると断言できる。なぜZookeeperは3台以上の奇数ノードで構成するのが良いのか、3ノード構成においてクォラムを2とするのはなぜか。3ノード構成で1ノードに障害が起きても問題が起きない、としてよいのはなぜか。

読もう!

*1:ZKFC、Zookeeper Failover Controller