読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たごもりすメモ

コードとかその他の話とか。

松江市でOSSの話をした & Fluentd meetup をやった

なんか最近プレゼンテーションやった話しかエントリに書いていない……。。。

それはともかく、しまねOSS協議会というところから周年記念講演で話さないかというお誘いがありまして、お受けしたので島根県松江市で話してきた。せっかくRuby City Matsueに行くことだしついでにイベントやってこようということで Fluentd meetup in Matsue もやることになり、そんなわけでふたつ発表してきた。

第106回オープンソースサロン・総会記念講演

第106回オープンソースサロン・総会記念講演 | しまねOSS協議会 OS4

しまねOSS協議会ということで、オープンソースソフトウェアの話。

というか、トレジャーデータという会社がOSSを使い倒してビジネスをやってるのは何故なのか、それは内外の開発者にとってはどういう意味があってどう見えているのか、みたいなことを中心に話していた。具体例についてはどっちかというとRubyよりはJava(というかデータ処理ミドルウェア界隈)の話に寄ったけど、一般化できる内容ではあったと思う。

自社サービスの話、USとJPをまたいだ話(採用とか)、業務としてOSSのパッチを書く話など、あれやこれや話してた。質問もいろいろ頂いて、話しに行けてよかった。お呼びいただきありがとうございました。

Fluentd meetup in Matsue

Fluentd meetup in Matsue - dots. [ドッツ]

せっかくなので開催してきた。東京以外でのFluentd meetupは福岡、San Franciscoに続いてのなんと3ヶ所目。とりあえず自分からはFluentdそのものの導入やら最近のユースケースやらアップデートやらをざーっと話すという感じにしてみた。

Fluentdを使ったことがない人もいたので、これはこれでとりあず必要な内容というか。こういう総論的なFluentdの紹介スライドはどっちにしろ定期的にアップデートする必要があって、ちょうどいい機会でもあった。
他の発表も募集したところちゃんと話してくれる人が出てきてくれたので本当によかった。しかも素晴らしい内容だった。

あとFluentdの新ロゴが載ってるノベルティが配られた初のFluentd meetupでもありました。よかったよかった。